伝統/歴史

ひな祭りに健康を願う

投稿日:

ひな祭り

もうすぐひな祭り。

デパ地下のお菓子売り場などでは、2月のうちからひな祭りムードが高まっていました。
今年は3日がちょうど日曜日なので、一層盛り上がりそうですね。

そもそもひな祭りって、どんな風に始まったのでしょうか?
諸説あるようですが、ここでは、その一つをご紹介します。

中国、漢の時代、ある男のもとに3人の娘が産まれたのですが、
3人とも生後間もなく亡くなってしまいます。
悲しむ男を見て、仲間が娘たちの亡骸を清めて水葬にしたことが、起源だそう。
今でこそ楽しいイベントですが、悲しいエピソードに由来することを知って、
ちょっと驚きました。

さて、話を現代に戻しましょう。

ひな祭りの食べ物といえば、ちらし寿司。
その具材にも、ちゃんと意味があります。
海老は、腰が曲がるまで長生きできるように、蓮根は先を見通せるように、
そして豆は健康でマメに働けるように…。

見た目にも華やかで春の訪れを感じさせてくれるちらし寿司。
健康を願いつつ、私もおいしくいただきます。

元気でお過ごしください。

久郷直子

-伝統/歴史

関連記事

鱧の落とし

「鱧(はも)の落とし」が楽しみなころ

7月17日、京都では祇園祭の「山鉾巡行」が行われました。 「祇園祭と言えば鱧料理」といわれるほど、 この2つには密接な関係があり、 ともに京都の夏の風物詩として挙げられます。   京都の中央 …

甲子園球場

ラッキーゾーンの日

1947年5月26日、 阪神甲子園球場に日本で初めてラッキーゾーンが設置されたことから 「ラッキーゾーンの日」となりました。 ラッキーゾーンとは、外野フェンスと、 フィールドに設けられた金網柵との間に …

座禅を組む

暑さをしのぐ

「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉がありますが、実はこれは誤用。 本当は「心頭滅却すれば火も自ずから涼し」が正解なのだとか。 この言葉を有名にした人物が、戦国時代の僧侶・快川紹喜(かいせんじょう …

雛人形

「ひな祭り」の由来を考える

明日3月3日は、ひな祭りです。 ひな祭りの起源は、中国から伝わった五節句の1つ 「上巳(じょうし)の節句」といわれています。 上巳の節句には草や藁で作った人形(ひとがた)を撫でて穢れを落とし、 厄災を …

節分

節分の日、健康について考える

健康ブームは加速し、 一年中、健康に関する情報があふれています。 テレビやラジオ、雑誌などでも頻繁に特集が組まれ、 ヨーグルトがいい、アーモンドがいい、 オリーブオイルがいいと諸説紛々。 「肉は、身体 …