金氏高麗人参トップ>高麗人参とは

高麗人参とは

高麗人参(学名:Panax ginseng C.A. Meyer)は、日本ではオタネニンジンや朝鮮人参とも呼ばれる、ウコギ科の多年生植物。高麗人参(朝鮮人参)の健康成分「ジンセノサイド」は、「花と実」の部分よりも、「根」の部分にバランス良く含まれています。一般的には、「根」の形が人の身体に似たものほど珍重されています。

時代劇では、庶民にはなかなか手が出ない高級品という描写をよく見かけますが、現代でも高いものなら実際に1本数十万円という高値で取引される貴重品です。

高麗人参(朝鮮人参)とは?

花と実
花は3年目から咲きはじめて、毎年5月中旬から下旬に開花し、採種は4年目から行います。初めは緑色ですが、次第に紅色を帯びていきます。また、果肉を除くと固い種子が出てきます。
葉っぱは双葉で、手のひらの形に似ているところから、掌葉と呼ばれます。
葉柄
葉柄は、1年に1個ずつ増えるため、通常4年目は4個、6年目では6個の葉柄を持っています。
通常、1つの根に1つの幹ができます。
根は、肥大な形で脳頭・胴体・足・尾からなります。脳頭と主根・支根がバランス良く発育すると、人の形に似た形状になります。

二千年以上も世界中で珍重されてきた和漢の王様

高麗人参(朝鮮人参)について記された中国の文献。高麗人参は昔から健康に役立てられてきました。

古くは二千年前の中国の文献でも紹介されているほど長い歴史を持つ高麗人参(朝鮮人参)。数ある和漢素材の中でも、とりわけ希少価値が高く、時の皇帝たちは多くの人手を割いて山中を探させたといわれ、王侯貴族しか入手できない時代もあったほどです。


二千年以上も世界中で珍重されてきた和漢の王様

大航海時代には、高麗人参は海を渡り、フランスの思想家ルソーや、ロシアの文豪ゴーリキーをはじめ、歴史上の様々な著名人が常用したといわれています。日本では、室町時代から輸入が始まりましたが、江戸時代には、健康マニアとしても知られている徳川家康が愛用したという話もあります。高麗人参は、とりわけ徳川家と縁が深く、時代劇でもお馴染みの8代将軍の徳川吉宗が国内での栽培を広く奨励したことで、国産の高麗人参が出回るようになったというものや、「水戸黄門」徳川光圀が栽培に失敗したというエピソードが広く知られています。

世界の偉人が愛した、高麗人参。

徳川家の八代将軍

徳川 吉宗

幕府再建に精力的に取り組んだ吉宗は、日本各地に高麗人参の栽培を広めた。

江戸幕府の創設者

徳川 家康

健康マニアとしても知られている家康も、高麗人参を愛飲したといわれる。

希代の天才軍師

黒田 官兵衛

政治工作に長け、豊臣秀吉を支えた武将。引退後は高麗人参の研究に知力を注いだ。


偉人たちの元気と若々しさを支えた、驚異の健康パワー!

近代教育学の祖

ルソー

『社会契約論』で知られる思想家。彼の著作物に、高麗人参が登場する。

中国最初の皇帝

始皇帝

中国最初の統一王朝を築いた始皇帝は、山に自生した高麗人参を常に探し求めた。

世界三大美女

楊貴妃

絶世の美女として、皇帝の寵愛を欲しいままにした楊貴妃も、高麗人参を飲んだとか。


トップへ戻る

長い歳月をかけ、蓄えられる神秘のパワー

収穫は、健康成分がたっぷり詰まった根を傷つけないよう、手作業で細心の注意を払って行います。

高麗人参(朝鮮人参)の栽培は、厳しい条件下での土壌づくりからはじまり、種まき、収穫にいたるまで、実に4~6年もの長い歳月をかけて行われます。高麗人参は本来、アジアの極東地方にだけ自生する植物で、高温多湿を嫌うため、涼しく乾いた気候で降水量は年間1200mm程度、比較的降雪量が少ない地域という、ごく限られた環境でしか育てることができません。おまけに、栽培中は日よけや風通しを調整し、雑草を丹念に取り除くなど、子育て以上ともいわれるほどに手間ひまがかかります。しかも一度収穫すると、その土地では10年先まで草1本さえ育たないといわれるほど土地の養分を吸い尽くしてしまうのも、高麗人参が持つ驚異的なパワーの証明といえます。


長い歳月をかけて蓄えられる神秘のちから

高麗人参の栽培年数と加工

トップへ戻る

高麗人参の加工法による違い

高麗人参(朝鮮人参)は、加工法によって、大きく「水参(生人参)」、「白参(乾燥人参)」、「紅参」の3つに分類されます。特に、千年以上も受け継がれてきた伝統的な加工法を用いた紅参は、加工の過程で健康成分が大幅に増えるため、高麗人参の中でも希少価値の高い上級品として、水参や白参よりも人々の健康に広く役立てられてきました。

水参(すいさん)

畑から掘り起こしたままの生人参のこと。水参は、全ての人参加工品の原料になりますが、水分量を80%近く含んでいるため、保存しにくく、虫に食われたり腐りやすいのが難点です。日本ではあまりなじみがありませんが、家庭料理で使用されることも多く、煮ても焼いても揚げても食べることができます。高麗人参(朝鮮人参)の代表料理といえる蔘鷄湯(サムゲタン)で使用されるのも、水参です。どんな食材にも合い、すりおろしたり、生のままで食べることもあります。ただし、根の部分は苦味が強いため、料理には使わず、水にしばらく浸けてから刻んでお茶にして飲んだりするのが良いといわれています。

水参(すいさん)


白参(はくさん)

水参の皮をはがすか、あるいはそのままで、水分量が12%以下になるよう、太陽熱か熱風で乾燥させたもの。水参よりは保存がききますが、長期保存には適しません。皮をはがした場合、見た目には白くて美しいですが、皮の部分に健康成分のジンセノサイドがたくさん含まれているため、紅参に比べると働きが劣るとされています。

白参(はくさん)


紅参(べにさん)

紅参は、水参の皮をはがさずに蒸気で蒸した後、水分量が14%以下になるように自然乾燥させて加工したもの。紅色になるまで乾燥させる過程で、健康成分ジンセノサイドの含有量が大幅に増えるため、水参や白参よりも働きが強く、高麗人参(朝鮮人参)の中でも特に貴重な上級品とされています。赤褐色で非常に堅く、長期保存も可能。韓国では「ホンサム」、英語では「Korea Red Ginseng」といい、日本では「こうじん」、「あかにんじん」、「あかさん」などと呼ばれることもあります。

紅参(べにさん)


関連情報 … 高麗人参トリビア:水参、白参、紅参。種類はいろいろあるけれど…

トップへ戻る

現代も人々の健康を支える高麗人参

現代も人々の健康を支え、魅了しつづける高麗人参(朝鮮人参)

このような高麗人参(朝鮮人参)の特性や、長年にわたって神秘のベールに包まれていた健康パワーの秘密が、近年、現代科学の力によって解明されつつあります。特に、高麗人参の健康成分ジンセノサイドは、中高年だけに限らず、老若男女の間で健康や美容の維持に役立つ成分として注目を集め、近年では多くの栄養ドリンクや美容品に配合されるなど、より身近な存在として親しまれるようになっています。


現代も人々の健康を支え、魅了しつづける高麗人参

古来より受け継がれてきた高麗人参は、高齢化が進む現代社会においても和漢素材の万能選手として、健康を願う現代人の生活に、今後ますます取り入れられていくに違いありません。


トップへ戻る

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
金氏高麗人参のウェブサイトはグローバルサインにより認証されています。