金氏高麗人参トップ>プレスリリース>ジンセノサイドの含有バランスで韓国特許を取得

お知らせ

2019年06月28日

ジンセノサイドの含有バランスに関して韓国特許を取得

金氏高麗人参株式会社(代表取締役:余淑恵、本社:京都市)は、高麗人参の成分であるジンセノサイドの組成に関して、韓国特許を取得しましたのでお知らせいたします。(登録日:2019年5月14日。特許 第1980183号)

本特許の内容は、既に日本で取得した特許の内容とほぼ同一で、高麗人参の成分であるジンセノサイドRb1、Rg3(s)、Rg2(s)の含有量とバランスを特許要件としています。

開発当初から様々なジンセノサイドの含有量とバランスを研究し、より多くの人が幅広く実感できるような組成バランスを追求した結果、このたび韓国特許の取得にいたりました。 高麗人参の本場・韓国では「外国企業が高麗人参に関する特許を取得することはかなり珍しい」とされております。

弊社では、さらなる自社商品の拡大と新商品の開発、高麗人参に関する研究を継続して進めていきます。

また自社商品のみならず、素材供給先の商品やOEM受託、PB商品でも本特許を活用していただければと考えています。

今後も高麗人参を通じて皆様の末永い健康に一層貢献していく所存です。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
金氏高麗人参のウェブサイトはグローバルサインにより認証されています。