金氏高麗人参トップ>プレスリリース一覧>『神秘の健康力』含有主成分に関する特許を取得

お知らせ

2015年2月

『神秘の健康力』含有主成分に関する特許を取得しました

金氏高麗人参株式会社(代表取締役:余淑恵、本社:京都市)は、かねてから出願しておりました当社製品『神秘の健康力』(レギュラー/ゴールド)の成分組成に関する日本国内特許を取得しましたのでお知らせいたします(2015年2月2日査定、特許第5697121号)。

この特許は、当社製品の主成分である高麗人参の健康成分「ジンセノサイド(人参サポニン)」の組成比率に関するものであり、2013年3月にPCT(特許協力条約Patent Cooperation Treaty、2014年5月現在148カ国加盟)に基づく国際特許の出願をしておりました。

具体的には、種々の働きを持つ高麗人参由来のジンセノサイド組成物に関する特許となっており、メイジャージンセノサイド(生の根に多く存在しているジンセノサイド)とマイナージンセノサイド(生の根には含有量が極めて少ないジンセノサイド)の成分の組み合わせおよび成分の量的割合に着目して研究を進め、その試験結果より、今回の特許取得にいたりました。

おかげさまで『神秘の健康力』は、2013年には、高麗人参を配合している健康食品(粒タイプ)で国内売上No.1を達成することができました(高麗人参配合率60%以上の健康食品(粒タイプ)の通販市場では6年連続国内売上No.1)※1。そして今年1月には、累計販売1,000万個(30粒入換算)を突破することができました。

当社では今後も引き続き、皆様の末永い健康に貢献させていただくために、また当社製品に対してご信頼を得られるよう、製品の品質向上に努めてまいります。

※1…日本能率協会総合研究所2014年7月調べ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
金氏高麗人参のウェブサイトはグローバルサインにより認証されています。