旬の健康情報-ロコモティブシンドローム01

ロコモティブシンドローム

骨・関節・筋肉など体を支えたり動かしたりする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになる危険が高い状態を 「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」といいます。日本整形外科学会が2007年(平成19年)新たに提唱しました。 メタボリックシンドロームとともにロコモティブシンドロームを予防することが、中高年期からの健康課題となります。

長寿国の課題

日本の健康寿命の平均(2010年)は、女性が73.62歳、男性が70.42歳。平均寿命と比べると、女性で13年弱、男性で9年強の差があります。およそ10年ほど自立した生活が難しい期間があるのです。


平成19年度 厚生労働省 国民健康基礎調査より


ロコモティブシンドロームではありませんか?

こんな兆候には要注意!!

片脚立ちでバランスが取れない、階段では手すりが必要、つまずきやすい、横断歩道を青信号で渡りきれない、 続けて15分ほどしか歩けない、買い物で2Kgくらいの荷物も持ち帰れない、家の中の仕事でも布団の上げ下ろしなど、ハードな仕事は困難、など、思い当たる節がある場合は要注意です。


筋肉疲労の対処法その2

「運動器」の機能低下であるロコモティブシンドロームは、「筋肉」「関節」「骨」それぞれの働きが加齢によって低下することから始まります。

筋力低下

筋肉は骨と関節を支えているので、筋肉が減少すると関節に過剰な負担がかかり、痛みを伴うようになります。 骨量が低下しているうえに筋肉のサポートがなくなるので、ささいなことで転倒し骨折しやすくなります。

バランス能力低下

歩行速度は、筋力、立位バランス能さらには柔軟性や全身協調性を総合的に反映する最もよい指標です。歩行速度が速い高齢者ほど、 生活機能を維持しやすく余命も長いといわれます。

(厚生労働省 次期国民健康づくり運動に関する資料より)

半身浴をする

ロコモティブシンドロームの原因となる3大疾患は「骨粗(こつそ)しょう症」「変形性関節症」「脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症」です


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ