旬の健康情報-肝臓と疲労01

肝臓と疲労


これらの原因は肝臓にあるかも知れません! 肝臓は『沈黙の臓器』とも言われるほど、自覚症状がなく、痛みを感じない臓器です。

肝臓の働きは、分解、代謝、解毒、貯蓄、体熱維持の5つに分類されます。
肝機能の低下といえば、二日酔い、肝炎、肝硬変、肝臓がんを思い起こすことが多いですが、実は疲労感をはじめ、さまざまな症状と密接なかかわりを持っているのです。

肝臓のはたらき

肝臓は、体重の約1/50の重さとされるほど体内でも非常に重い臓器です。また、血液を多量に含んでおり、体全体の血液量10~14%にも相当します。

1.代謝機能

食べた物から消化吸収した栄養素を処理して、糖分や脂肪分をエネルギーとして蓄えたり、たんぱく質を合成したりします。

2.解毒機能

老廃物やアルコールなどの有害物質を代謝して無毒化させたり、体内で発生する有害なアンモニアを無害な尿素に合成、尿から体外に排出したりします。

3.排泄機能

肝細胞は胆汁を生成・分泌し、胆道に排泄します。いったん胆嚢に蓄えられ濃縮された後、十二指腸に分泌されます。

疲れと肝臓の関係

体内に老廃物(疲労物質や有害物質)が急増すると、人は疲れを感じます。 肝臓は老廃物を処理するために多大な負担がかかると働きが悪くなります。疲れをとるためには肝臓の働きを元気にし、「疲れ・だるさ」の原因である老廃物を体外へ排泄する機能を促進することが必要です。

 

  • 疲労時は、身体の代謝により発生する老廃物(アンモニアなど)を、肝臓が処理する機能が低下します。

  • 処理されなかった老廃物は、脳の運動中枢神経を刺激します。

  • 運動中枢は、老廃物を押さえるため、体を休めさせるような指令を出します。 そのため、体の動きが鈍くなります。これが疲労感です。

【疲労感の3要素】

  • 活動力の低下 【眠気、だるさ】
  • 気力の低下  【集中力、思考力。気力などの低下、焦燥感、イライラ】
  • 体の違和感  【肩こり、口臭、頭痛など】

  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ