旬の健康情報-運動疲労01

運動疲労

スポーツの秋、健康志向の高まりもあって本格的に運動に取り組む中高年の方が増えています。しかし、体力をかえりみず無理をしてしまう場合があり、疲労からストレスやケガにつながる場合もあります。

疲労の原因

1.オーバートレーニング

若い頃と同じつもりで、つい頑張りすぎてしまいます。まず若い頃との違いを自覚しておきましょう。

  • 筋力などの低下

    筋肉量や骨量は20歳代をピークに低下するため、運動量が同じでも疲労の度合いは高まります。筋肉痛や腰痛、捻挫、骨折などを起こすことがあります。

  • 柔軟性の低下

    関節やじん帯、腱など、体のクッションとなる部分が硬くなっています。柔軟性がなくなると筋肉の可動域が狭くなり代謝率が下がるため疲れやすくなります。

  • 心肺機能の低下

    心臓や肺の働きが低下し、動悸や息切れを起こしやすくなっています。

  • 性格

    まじめ,熱心で凝り性,、徹底的に取り組んでしまう人や、規律正しく、責任感が強い人、些細なことにこだわる人は、つい頑張りすぎて、疲労の自覚が遅れがちになります。

2.疲労物質の蓄積

疲労物質といわれるものには、乳酸,水素イオン,リン酸,アンモニアなどがあります。筋肉が活動したとき、一部の乳酸は筋肉内に留まります。留まった乳酸は筋肉を酸化させ、筋活動を阻害して身体に筋肉疲労を起こします。

3.栄養素の不足による疲労

筋肉は体内組織のなかに蓄えられているグリコーゲン(糖質)をエネルギーとして活動します。グリコーゲンの蓄えられる量には限界があり、強度で短時間の運動を行うと大量に消費されます。反対にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動では、グリコーゲンを大量には利用しません。しかし、低強度で長時間の運動はグリコーゲンを徐々に減らしていき、その枯渇が疲労困憊の要因となってしまいます。

4.水分不足が引き起こす疲労

運動を行うと汗をかきますが、汗の成分の中にはミネラルも含まれており、発汗によってミネラルが失われます。筋肉が活動を行うと熱を発生させます。この熱はエネルギーの消費を促進させ、身体の疲労を早めてしまいます。


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ