旬の健康情報-アルツハイマー02

4.アルツハイマーを予防する!

有酸素運動をする

有酸素運動によってアルツハイマーが予防できることが確認されています。
適度な運動をしている人は、していない人よりも、βタンパクがたまりにくいためアルツハイマーになるリスクが低いです。

話し相手を持つ

家族や友達が多く社会的接触が多い人に比べ、乏しい人はアルツハイマーの発症率が高まると言われます。その理由として、会話をすることによって脳が活性化し、アルツハイマーになるのを抑える効果が期待できるためです。

若々しい脳を保つ食生活を心がける

栄養バランスの良い食事をすることは、高血圧・動脈硬化などの生活習慣病だけでなく、認知症予防にも効果的なのです。

鮮度の高い魚

サバ・イワシ・サンマなどの青魚 ウナギやマグロのトロ、ハマチや真鯛 EPA、DHAを多く含む魚の油を摂れるように、鍋やムニエルなどの調理方法が適しています。

きのこ類

腸内の余分なコレステロールを掃除してくれる食物繊維が豊富です。

塩分

塩分は1日10gを目安にしましょう。

黒ごま

黒ごまに含まれるアントシアニンには強力な抗酸化パワーがあります。

納豆

納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かし、血液をサラサラにする作用があります。

海藻類

わかめ・こんぶなどにも食物繊維が多く含まれています。

胚芽米

ビタミンEは抗酸化作用に優れています。


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ