旬の健康情報-ピロリ菌01

ピロリ菌と口臭

「この人の息、臭い…」と感じることはあるけれど、なかなか指摘し辛いもの。歯磨き、マウスウォッシュ、消臭サプリでも消えないお口のニオイ…。それはピロリ菌のせいかもしれません。

今回は、お口のニオイを気にせず会話も弾ませたい!そんなエチケット対策に根本から取り組むあなたに、ピロリ菌の予防・対策についてお伝えします。

1.ピロリ菌とは?

十二指腸潰瘍、胃潰瘍の原因
現在は十二指腸潰瘍の9割、胃潰瘍の7割はピロリ菌が原因と考えられています。最近の診断では、胃十二指腸潰瘍の患者にはピロリ菌がいないか検査し、感染していたら除菌するのが標準的な治療となっているのです。
胃の中で唯一、生き残る逞しい菌
胃のなかには0・1規定の塩酸(胃の壁細胞で作られる純度の高い塩酸)が存在するため、口から胃内へ入ってきた細菌は塩酸により殺菌されてしまいます。ですから、胃には細菌は生息できないと長い間考えられてきたのです。ところがピロリ菌はウレアーゼという酵素をたくさんもっていて、この酵素が尿素からアンモニアを生成させ、アンモニアによって胃酸を中和させるから生き残れるのです。
50歳以上の約8割が保菌者
日本での感染率は20代が20%、40代が40%、60代が70%程度と年齢とともに高まる傾向にあります。感染していたとしても自覚症状はありませんが、胃炎や胃十二指腸潰瘍などの主な原因である事から、WHOでは胃癌の危険因子として承認されています。日本でも胃十二指腸潰瘍の人でピロリ感染が認められた患者さんには、除菌療法が保険で認められています。


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ