久郷直子のお便り

お客様係・久郷直子が毎月、『神秘の健康力』ご愛用者様に宛てて 書いているお便りが、ホームページでも ご覧いただけるようになりました!

直筆版でもお読みいただけます。

直筆のおたよりを見る
(PDF形式・別ウインドウが開きます)
イラストを見る

久郷直子直筆のイラスト

(別ウインドウが開きます)

4月のおたより(テキスト版)

うららかな陽光を受け花が咲くころとなりました。
皆様、おすこやかにお過ごしでしょうか。
いつも『神秘の健康力』をご愛用くださり誠にありがとうございます。

毎年よ 彼岸の入りに 寒いのは   正岡子規

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれますが、お彼岸を過ぎても肌寒く衣類に迷うこのごろです。とは言え、気分はすっかり春。長い冬を通り抜け、ようやく厚いコートを脱ぎ軽やかな装いを楽しめます。「昨日まで咲いていなかった花が朝起きたら咲いていた」そんな情景がひときわ嬉しいのも春。暖かな風、道端のタンポポ、ひばりのさえずり…。活気あふれ心華やぐ季節の到来です。

毎年のことながら、桜前線が日本列島を横断するころ、見ごろを逃すまいとカレンダーをにらみます。ゆっくり蕾をふくらませる花を横目に、時を得た桜は一斉に開花します。青空をいっそう明るくし、暮れなずむ宵の風景をぼうっと照らす桜花。わざわざ名所に赴かずとも、道すがら様々な桜に出会うことができます。しかし、桜の木の下に入って時を過ごすお花見は大切な年中行事の1つです。欧米のバラ観賞や中国のぼたん観賞などと少し趣が異なりますね。どうしてこうもお花見が大切なのでしょう。日本独特のお花見は稲作信仰と結び付き神様が存在するからでしょうか。山の神が田の神となって里に下りる開花のころ、美しい桜に宿る生命力を感じ、それに触れることでちからを分けてもらうことを連想します。4月の花見団子は田の神様へのお供え物。多くの人が愛するお花見は、桜の下でお供え物の花見団子やお酒をいただくことで神様と飲食を楽しむスタイルです。

もともと桜の開花は田植え開始の合図であり、川辺の桜は堤防の地盤固めのために植えられたとか。桜の見物客に歩いてもらって地盤を固めるという目的があったようです。昔から生活のなかに溶け込んでいた桜は、時代の精神が吹き込まれてきた花でもありました。平安時代に国風文化が流行ると、短い花盛りの時を経て桜吹雪と散る姿に人生の無常を重ねました。「願はくは 花のしたにて春死なん そのきさらぎの望月の頃」西行は詠んだ歌のとおり桜が咲き誇る満月の日にあの世へと旅立ったので当時の文化人は度肝を抜かれたそうです。「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」在原業平(ありわらのなりひら)は、世の中に桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるのに、と儚い花の命を悼んでいます。一方、在原業平に好意を寄せていたのに気付いてもらえない小野小町は「花の色は 移りにけりないたづらに わが身世にふる ながめせしまに」と恋心と老い行く我が身を花の生涯に重ねて詠んでいます。時期をそろえて咲く集団性と刹那に散り行く潔さ…。江戸時代には武士道にもつながり、日本人の心の形成の一端を担いました。見る人、見る時によって異なる心を映し出す桜花の不思議とともに、この国の精神文化の奥深さを感じます。

太陽が真東から昇り真西に沈むとされるお彼岸。「彼岸」は「西方浄土」の別名で、はるか西のかなたにあると仏教では考えられています。真西に沈む夕日に西方浄土の位置を確認し、その浄土で阿弥陀仏に迎えられた故人を偲びます。また、西に沈む夕日を見つめながら、自分もいつしか阿弥陀様や先に旅立った親しい人々に迎えられる日を想うのです。現世と極楽を結び死後の世界にファンタジーを抱くお彼岸。この風習はインドにも中国にもなく日本独自のもので、聖徳太子の発案とも。

4月8日は「花祭り」。色とりどりの花で飾られる御堂。水盤の上にお釈迦様の銅像が置かれます。生誕地のルンビニーの花園に降ったといわれる甘い雨をイメージして、甘茶を竹杓にとって銅像の頭上に注ぎます。生まれてすぐに七歩歩き、一方の手は天上を、もう一方の手は地を指して仰った言葉が「天上天下唯我独尊」。天上天下にただ一人、誰とも代わることのできない人間としてその命のままにすべての人が尊いと仰っています。太陽や風、土や虫のちからを借りて咲く花のように、人も多くの人に支えられ、かけがえのない命を生きていると自覚する日です。花と仏心に包まれるこの時季、温かい心を取り戻し柔和な表情で過ごしたいものです。

「花冷え」という言葉のとおり急に寒くなることがあります。お出かけには暖かい衣類を携え、お身体を大切になさってください。

皆様のご健康をお祈りいたします。

金氏高麗人参株式会社お客様係
久郷直子(くごう なおこ)

おたよりの執筆風景。

最新のおたよりに戻る


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ