久郷直子のお便り2012年10月

お客様係・久郷直子が毎月、『神秘の健康力』ご愛用者様に宛てて 書いているお便りが、ホームページでも ご覧いただけるようになりました!

直筆版でもお読みいただけます。

直筆のおたよりを見る
(PDF形式・別ウインドウが開きます)
イラストを見る

久郷直子直筆のイラスト

(別ウインドウが開きます)

10月のおたより(テキスト版)

涼気が快く、日々美しく変わる木の葉の色に風景まで移りゆくようです。
皆様、おすこやかにお過ごしでしょうか。
いつも『神秘の健康力』をご愛用くださり、ありがとうございます。

赤く照る紅葉、黄金色に輝くイチョウ、ナラ、クヌギ…秋の色葉は、枝にとどまるも散るも見事な艶やかさです。
カメラを構えるにもスポーツに勤しむにも快適な季節です。
味覚の秋、私はグルメを求めて横浜の中華街に行き、今、人気のメニューをいくつか食べてきました。帰ってから皆に土産話をしようとするのですが、会話の中に名詞があまり出てこないのです。路の名、店の名、人の名前などが記憶できていなのです。いかに頭を使っていなかったかを痛感しました。一時的な物忘れは認知症とは異なりますが、記憶力を衰えさせたくないので、頭を働かせる生活を心がけたいものです。

デパートに行けば、旬の味覚のご予約会やグルメなお取り寄せで季節を感じさせてくれます。
バスツアーでは、果物狩りや海の幸の食べ放題コースなどが準備され、季節の演出が織り込まれています。秋の夜長におすすめの本や秋を感じるインテリアなど、風情や季節感は簡単に手に入ります。

便利な時代だからこそ、頭を使う機会を増やしたいですね。例えば栗ご飯を炊くとしましょう。
お米の銘柄や栗の産地にこだわってみます。素材の組み合わせに想像力が働き、調理に工夫が加わって、出来上がるまでのストーリーが生まれます。そのストーリーを誰かに話すと会話が増えます。おすそ分けで誰かに喜んでもらえたら、気持ちまで豊かになれます。

行楽や旅行に出かけるときも、きれいな紅葉やどんぐりの実を見つけてお土産と一緒にあげようとか、現地の人と話そうとか、ちょっとした目的を持つと良いかもしれません。
映画「男はつらいよ」の寅さんは、初対面の人にも親しみのある語り口で問いかけたり、 親身になって話を聞く「つながり上手」の達人ですね。深い話はしなくても、笑顔を交わし会話をつなぐことで脳は活性し思い出も深まります。

脳の老化を予防し記憶力を保つ知恵は暮らしの中にあふれているかもしれません。
レシートを見ないで思い出して家計簿をつける、2日遅れの日記を書いてみる、囲碁・将棋・マージャンなど頭を使うゲームをする、料理を作るとき、一度に何品か同時進行で作る、人と話すとき、相手の表情や気持ちに注意を向けながら話すなど、良いと思うことにどんどんチャレンジしたいものです。

日の入りが早くなり、家路に浮かぶともしびがなつかしさを誘います。
灯火親しむ秋の夜は、すんなりと読書の世界へと誘ってくれます。ひんやりした空気に五感は冴え、映画も音楽も演劇も旅も、他の季節とは一味ちがう感慨深いものとなります。

夕暮れはあっという間に過ぎてゆきます。暗闇までの時間を数えるか、なつかしいともしびを数えるか、気持ち1つで人生は変わる気がします。老いの不安に負けないよう、できる限り体と頭を使って暮したいものです。

皆様が気力あふれる日々を送られますよう、
ご健康をお祈りいたします。

金氏高麗人参株式会社お客様係
久郷直子(くごう なおこ)

おたよりの執筆風景。

最新のおたよりに戻る


  • おしゃべり場
  • 俳句・川柳コーナー
  • 皆様からのお便り大募集!ご応募はこちらから
  • 壁紙プレゼント
  • ペーパークラフトプレゼント
  • お問い合わせはこちらからどうぞ