金氏高麗人参トップ>レシピ一覧トップ>バクテー(肉骨茶)

⑩ バクテー(肉骨茶)

  • 今回は、ちょっとスパイシーな、シンガポール・マレーシアの名物料理「バクテー」です。
    本場では、高麗人参を入れるお店と入れないお店があるようですが、ここでは高麗人参を入れたレシピをご紹介します。

  •  調理時間約30分
           別途:煮込み時間(2時間)

  •  1,100 kcal


材料と分量【バクテー】(3人分)

  • 豚肉(バックリブ) 300g

  • 大根 200g

  • バクテーの素 1パック

  • にんにく 1個

  • 高麗人参 5〜10g※1

  • オイスターソース 大さじ2

  • 水 1.5L

  • ※1 蜂蜜漬けを使用しました


  • 1

    本来は香辛料を組み合わせて作りますが、今回は、手軽な「バクテーの素」を使用しました。

    お肉はスペアリブ、バックリブや豚バラどれでも大丈夫です。今回はバックリブを使いました。

  • 2

    豚肉をたっぷりのお湯で下茹でします。

  • 3

    大根は皮を剥き、食べやすい大きさに切っておきます。

    ひとこと 本場では大根は入れませんが、お肉だけではさみしいので、おでんっぽく入れてみました。具材に、キノコや湯葉、厚揚げ、レタスを使うと、本場のバクテーらしくなります。お好みでどうぞ。

  • 4

    鍋にお湯を沸かし、バクテーの素、豚肉、大根、にんにく、高麗人参を入れ、弱火で2時間ほど煮ます。

    ひとこと お好みに合わせて、時間調節してください。
    煮たあと、一晩おいて再び火を入れると、骨の周りの肉まで柔らかくなります。

  • 5

    肉と大根が柔らかくなったら、オイスターソースを入れてひと混ぜ。

  • 6

    器に盛りつけて、出来上がりです。


『バクテー』って?

バクテーは、英国統治下のマレーシアで生まれたとされる煮込み料理で、今でも、マレーシア、シンガポールを中心に、人気です。
特に、シンガポールには専門店も多く、スープとご飯はおかわり自由のところもあり、手軽にお腹いっぱいになるメニューです。

今回は、手軽な「バクテーの素」で作りましたが、「自分で香辛料を合わせて作りたい。」という方は、
胡椒・生姜・八角・クローブ・シナモン・ナツメグ・フェンネル
を細かく挽いて、布の袋か、お茶パックなどに入れて煮込んでください。
また、自分で香辛料を合わせる場合は、味付けにお醤油を適量加えてください。
香辛料は、ウーシャンフェン(五香粉※)で代用することもできます。

※ウーシャンフェン:山椒・八角・陳皮・クローブ・シナモンを合わせた香辛料。


レシピ一覧

  • お支払い方法の変更

  • ラクラクお支払 口座振替サービス に変更
  • クレジットカードの変更はコチラ
  • 既顧客様コンテンツ

  • イキイキ体験談を大募集!
  • 金氏高麗人参では笑顔のお写真を大募集!
  • 交換ポイントサービスのご案内
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
金氏高麗人参のウェブサイトはグローバルサインにより認証されています。