金氏高麗人参トップ>レシピ一覧トップ>参鶏簡湯(サムゲカンタン)

① 参鶏簡湯(サムゲカンタン)

  • 高麗人参を使った料理と言うと、一番に頭に浮かぶのが「参鶏湯(サムゲタン)」。
    でも、ちょっとハードルが高そう。そこで、鳥の手羽を使った簡易版の参鶏湯はいかがでしょう?かんたんな参鶏湯ということで名付けて「参鶏簡湯(サムゲカンタン)」。

  •  調理時間 3時間30分

  •  1680Kcal


材料と分量【参鶏簡湯(サムゲカンタン)】(2人分)

  • 鶏手羽先 6本

  • もち米 1/4~1/3カップ

  • 高麗人参(生) 小1本18g

  • 甘栗 6個

  • しょうが ひとかけ

  • ニンニク 4かけ

  • 水 適量

  • 鶏ガラスープの素 小さじ2

  • 塩・こしょう 適量


  • しょうがと長ねぎはザックリと大きめに切ります。高麗人参は6等分にします。甘栗はむいて、甘皮も取っておいてください。

    ひとこと 高麗人参は、角切りよりも、細切りにしておく方が食べやすいです。

  • 手羽先は、手羽先餃子を作るときのように、2本の骨の周りについている肉をずりおろすようにはがします。はがれにくいようなら、太い骨と細い骨のすじを切りながら、肉をはがしてください。

  • 肉が下までさがったら、骨をひねって取り外します。手羽先が袋状になりましたね。骨は、出汁を取るのに使いますので、捨てないで取っておきます。

  • 袋状になった手羽先にもち米と高麗人参と甘栗をつめます。高麗人参を長いまま入れて、隙間にもち米と甘栗を交互に入れます。詰め終わったら、中身が飛び出さないように、爪楊枝でとめます。

    ひとこと もち米は煮ると膨らみますので、あまりつめすぎないように。

  • 大きめの鍋に、具が詰まった手羽先、手羽先の骨、しょうが、長ねぎ、ニンニクを入れ、たっぷりと水を注ぎます。 グツグツするまでは強火で、沸騰しそうになったら火を弱め、鶏ガラスープを加え、そこからはとろ火で3時間ほどゆっくりと煮込みます。 水が少なくなってきたら、足しながら途中で何度かアクを取りましょう。

    ひとこと シャトルシェフ(保温鍋)や圧力鍋を使うと、柔らかく煮込めますし、燃料の節約にもなります。

  • 手羽先の肉がホロリと崩れそうな感じになってきたら、塩・こしょうで味付けして出来上がり。味付けは薄めにして、スープの味を楽しみましょう。みじん切りした長ねぎをトッピングにしてもいいですね。


おいしいポイント!

本格的な「参鶏湯」には及びませんが、高麗人参の滋養を取ることができるメニューです。
ナツメやクコの実が手に入るなら、詰め物の中に加えてください。

関連情報 … 高麗人参トリビア:人気の美味しい健康食「参鶏湯(サムゲタン)」


レシピ一覧

  • お支払い方法の変更

  • ラクラクお支払 口座振替サービス に変更
  • クレジットカードの変更はコチラ
  • 既顧客様コンテンツ

  • イキイキ体験談を大募集!
  • 金氏高麗人参では笑顔のお写真を大募集!
  • 交換ポイントサービスのご案内
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
金氏高麗人参のウェブサイトはグローバルサインにより認証されています。